KUNOICHI
Androidアプリ(バーコード データ コレクタ)


KUNOICHIとは?


 KUNOICHIは、バーコードを収集する為のデータコレクタです。ロケーションと数量の入力もできます。収集したデータはファイルにして、メールに添付できます。

ハードウェアとしてのデータコレクタには、読み取り能力などはかなわないかも知れませんが、以下のような特徴があります。
  1. 無料で利用できる。
  2. 読み取ったデータをメールに添付して送れる。
  3. ロケーションや数量も入力できる。
ぜひ、ハードウェアのデータコレクタをお買い求めになる前に、お試しいただきたいアプリケーションです。
KUNOICHIはカメラを使用しています。カメラは非常にデリケートなデバイスで、端末によってはうまく動作しない場合がありますので、ご了承ください。すべての端末で動作を確認したわけではありません。





基本機能


  1. 読み取ったバーコード値を、データベース内に蓄積します。
  2. バーコード値には、ロケーションや数量を関連付けて登録ができます。
  3. データベースに蓄積されたデータから、データファイルを出力し、メールに添付できます。





プログラムのダウンロードとインストール


 Androidアプリケーション「KUNOICHI」は、Android端末から「Google Play」で、ダウンロードとインストールを行ってください。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.main.trl.kunoichi





バーコード読み取り


(1)基本操作

   

・メニューから「バーコード読み取り」をタップすると、場所(ロケーションコード、棚番など)の読み取りとなります。
・場所を読み取ると、次がメインのバーコード読み取りとなります。
・バーコードが読み取られると、数量入力となります。
・数量が入力されて、[OK]をタップすると、データを登録し、結果を画面表示します。
※場所の読み取りを読み取らないことも、数量の入力を行わないことも、設定により可能です。

初回はオートフォーカスが駆動します。ひとつでもバーコードが読み取られると、ピントが固定されますので、再度、ピントを合わせたい場合は、画面右下のほうにある、[Focus]をクリックすると、オートフォーカスが発動します。





場所やメインのバーコードは手入力でも行えます。左下の[MANUAL]をタップして、文字を入力してください。




 

登録履歴を表示するには、左下の[HISTORY]をタップします。データの各行をタップすると、数量の修正や、データの削除が行えます。



メインメニューに戻る場合は、Android端末の[戻る]キー(左下にあると思います)をタップしてください。




(2)便利な機能:[TARGET ON/OFF]切り替え


画面右上に、[TARGET ON/OFF]の切り替えボタンがあります。
[TARGET OFF]の状態では、プレビュー画面に表示されているバーコードであれば、読み取りが行えます。しかし、バーコード同士が近接していると、本当に読み取りたいバーコードとは、別のバーコードを読み取ってしまう場合があります。
このようなことを回避したい場合は、[TARGET ON]にしてください。 クロスラインが緑色になり、そのクロスした位置にあるバーコードを確実に読み取ります。
端末の機種によって、ターゲットがずれてしまいます。申し訳ありません。
ターゲット調整ボタンを設けています。
バーコード下辺よりも下で読み取ってしまう場合は、[+1]を何度かタップして調整してください。
バーコード上辺よりも上で読み取ってしまう場合は、[-1]を何度かタップして調整してください。
TARGET機能は試験的に組み込んでいます。端末によってはうまく動作しない可能性がありますので、その場合は、[TARGET OFF]でご利用ください。





(3)便利な機能:[LIGHT ON/OFF]切り替え

画面左上、[LIGHT ON/OFF]の切り替えボタンがあります。
端末にライト(フラッシュ)が付いていれば、ライトが点灯/消灯します。





設定


 

メニューから「設定」をタップすると、設定画面が表示されます。
「入力設定」では、場所の読み取りを行うか否か、数量の入力を行うか否かを設定できます。
但し、入力済みのデータがあると設定変更が行えませんので、その場合は「データの全削除」か、「データファイル作成」を行う必要があります。
「送信データファイル設定」では、エンコードと改行コードと区切り文字が設定できます。





データファイル作成


 

メニューから「データファイル作成」をタップすると、確認画面が表示されます。
[OK]をタップすると、データベースに登録されたデータをデータファイルに出力します。ファイル名は、"KUNOICHI_"に続いて、年、月、日、時、分、秒で、拡張子は".csv"となります。出力したファイル一覧は、「データファイル操作」で見ることができます。
出力後は、確認画面のあとに、データベース内のデータを全て削除します。





データファイル操作


   

メニューから「データファイル操作」をタップすると、出力したデータファイルの一覧画面が表示されます。
ひとつのファイルをタップすると、そのファイルに対して操作が行えます。
「メールに添付して送信」をタップすると、メールアプリ選択画面が表示されます。メールアプリを選択すると、データファイルが添付された状態で、メールアプリが起動しますので、宛先や表題を設定の上、送信することができます。
「削除」をタップすると、確認後、データファイルを削除します。未送信のデータファイルを削除してしまわないようにご注意ください。





データの全削除


 

メニューから「データの全削除」をタップすると、確認後、登録されている全てのデータを削除します。
必要なデータを削除しないようにご注意ください。












Copyright (C) 2017 森山商店 All Rights Reserved.