TRL:Terminal Request Library
ターミナルリクエストライブラリ

TRLとは

 TRLは、PCと端末間の情報のやり取りを簡単に実現するための通信ライブラリです。 サーバー版とクライアント版があります。 サーバーは、クライアント端末にあたるLAN上のPCからリクエスト情報を受け取り、レスポンス情報を返します。 これらの情報は文字列でやり取りされますが、そこでの受け渡しが困難な情報に関しては、ファイルを送受信することもできます。

 通常、LAN上で独自の通信を行うには、TCPソケットを用いて開発しますが、その開発には無視できない技術力と労力を要します。このTRLは、TCPソケット通信を組み込んだシステム開発の大変さを実感している私が、少しでも効率よく開発できないかと思い、ライブラリ化を考えました。

 社内やグループ内でLAN環境における通信を使ったシステム開発をご検討の方で、フリーウェアの使用に問題ない方のご利用を想定しています。

 倉庫の入出庫処理や、社員の勤怠打刻処理、作業の進捗報告処理、さまざまな用途にご利用いただけるかと考えております。

 最初の構想は以下のとおりです。
  • PCをサーバー、クライアントとして、複数クライアントからの接続に対応。
  • リクエストとレスポンスは任意の長さの文字列でやり取りしたい。
  • まとまったデータは文字列ではなく、ファイルでもやり取りしたい。
  • TCPソケット周りはラッピングして、単純化・簡略化したい。
  • サーバー側は、VB.NETから使えるライブラリにしたい。
 しばらく構想を練るうち、以下のような妄想をいだきました。
  • クライアントは、MicrosoftのExcelやAccessでも使いたい人がいるはず。VBA対応したらいい。
  • いや、どうせならサーバー側もVBA対応してしまえばいい。
  • これからは64ビットの時代?・・・32ビット/64ビットを問わずに使えたらいい。
こんなものできるのだろうか・・・
と、最初は思いましたが、構想から3ヶ月・・・なんとか動くところまではもっていけたので、公開したいと思います。







累積:
今日:
昨日:
Copyright (C) 2016 森山商店 All Rights Reserved.